海へ還ろう

hamakorian.exblog.jp

海辺の町から、日々のキオクをつたえます

ブラックフォーマルを大急ぎで洗濯!(--);

 きょうは休日。(とはいえ夕方にはちょっとだけお仕事の予定ですが)

曇りがちだった午前中からだんだん晴れて気温があがりました。
それ!と。。昨日着た喪服を自分で洗濯しました。
クリーニング代がお高い(2千円以上)ということよりも、出すと出来上がるまでに一週間はかかるからです。 クリーニングに出している間に別の訃報が入らないとは保障できない時代! 
 昨夜も、帰宅したら主人の知人Gさんからファックスで訃報が届いていました。 共通の知人の親御さんがきのう亡くなり、今夜がお通夜とのこと。 主人のは洗ってるヒマがありません。。。
   




   
 最近、高齢社会を反映してか、ほんとうに葬儀が多いのです。 クリーニングに出したとたん、次の葬儀がある、というケースは珍しくないと思います。
主人も、過去に会社の同僚の親御さん方の葬儀が2週間に三回、続いたことがあり、そのときは盛夏の8月。 一度で汗びっしょりになったので、すぐクリーニングに出したとたん数日後にまた別の方の親御さんの葬儀がありました。 このときは私が電車を乗り継いで大きなレンタル衣装屋さんに、主人のために貸し喪服を借りに行きました。当時はレンタル衣装の宅配など無かったころでした。 レンタル代も、とっても高かったのを憶えてます。

 そのときの大変な思いが消えないので、我が家は喪服(今は、ブラックフォーマル、って言うのですね! おめでたい席にも、ネクタイだけ白にして着られますし、女性なら派手なアクセサリーをつけて出れば失礼になりませんし)、を自宅で洗濯することがあります。
 「ドライクリーニング」と表示があっても、オシャレ洗いの洗剤で手洗いし、洗濯機の「ソフト脱水」である程度水気をきって干せば大丈夫なことが多い。 ただし、レーヨン100%とかウール100%のものは、要注意ですね。

 ところで、きょう洗ったフォーマルはおととし知人のご家族が急に亡くなったときに大急ぎで購入したもの。 それまで持っていた黒フォーマル、私がこの10年で太めになってしまって、きつくなり、新しいのを買わざるを得なくなっていたんです。 
 そこで、ムカシ買った高島屋や「そごう」に行きましたが、ちょうど良いサイズが売り切れ、着られるのは予算オーバーで無理、ということで、結局京浜デパートまで行って6万3千円のアンサンブル型ワンピースを買いました。 それでも、ムカシ高島屋で買ったとき(10年前で7万円)よりは安いなと思ったのですが。。。

 最近利用している通販のサイトで見てみましたら、なんと7号から21号ぐらいまでの広いサイズ展開で、お安いものは一万円以内、高くても3万円ぐらいで買える、とわかりました。
 化繊なので、自宅洗濯もかんたんそう。 
今までの経験にとらわれていてはいけないなーと思いました。 式典で並んだときみすぼらしく見えないよう、黒フォーマルはある程度お値段の張ったものを買うべき、と頭のスミに刷り込まれてましたが、考えて見ますと、葬儀や慶事のときにひとさまのフォーマルなんかしみじみ見たりしませんよね? 
 合理的に、生活していかなくちゃと思いました。

昨日のお葬式も、いわゆるフォーマルを着ていったのは主人と私だけで、ほかのかたは黒のジャケットに黒の通勤用パンツやスカートを組み合わせて、すっきり着こなして来ました。(ご本人たちが、これ喪服じゃないんですよ!と自慢?して話してくれたのでわかったのです)

 もっとも男性の場合はフォーマルを買っておいたほうが無難かもしれませんが。。。

なんだかあまりおめでたくない話ばかりで、すみません。

 

       *       *      *
[PR]
by hamakorian | 2013-05-23 16:01 | my days | Comments(0)

by ヨモギ