海へ還ろう hamakorian.exblog.jp

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧

☆~晴れた空の虹~☆



きょうは仲良しの友人Yちゃんとお茶のみしました。
と言っても、お互い午前中は仕事、そのあと帰宅した私のところへYちゃんが車で迎えに来てくれて。。
行った先は、『ホカ弁屋さん』!(笑)

なにしろ遠くまで行く時間が無くて。
でもこのホカ弁屋さん、新たなビジネスを考え出していて。。
ゴハンやお惣菜、ホットコーヒーなどを売る店内に併設して、テーブルやカウンターの並ぶ、
「イートイン」コーナーができたんです。
Yちゃんと私はいろいろなお惣菜とおむすびを選び、「店内でいただきます」と言って
イートインコーナーのテーブルに着きました。
そこでお昼ご飯をいただいたあと、今度はドトールコーヒー店へ行っておしゃべりしました。

Yちゃんはせんだって、独身時代の友人と東北新幹線で帰省したのですが
友人は、亡くなった親御さんの納骨の旅だったのです。
新幹線の同じ駅で下車、そのまま、湖のそばの大きな墓苑に、Yちゃんも一緒に行ったそうです。
駅に降りた途端、青く晴れ渡った空の高いところに、雲がひとつ流れていて。。
なんとそこに、小さな虹がかかっていたそうです。
Yちゃんは、納骨に来た友人がそれを見て喜ぶので、とても嬉しかったとか。

墓苑に着き、受付で納骨のための書類を友人が書き始めたら。。。。
受付の男性が親御さんの名前を見て泣き始めたそうです@0@。
受付の男性、友人の実家の近くに40年くらい前に住んでいたかたで、
小さいころ、友人の親御さんが子供の会合でおいしいお食事を良く作ってくれるのを
食べていたそうです。
名前ですぐわかり、驚きと感謝の気持ちで胸がいっぱいになり、そのかたの納骨の
受付をすることになった悲しみも加わり、時の流れを感じ涙が流れて止まらなくなったそうです。

納骨の時はその男性も墓石の前で手を合わせ、また涙、涙だったとか。
Yちゃんはそのことを、涙ぐみながら話してくれました。
私も、ちょっともらい泣きしそうになりました。。。

友人の親御さんは20年ぐらい前に故郷を離れ、東京に移転して
この夏、他界されたそうです。
「あのきれいな虹は、故郷が『お帰りなさい』って言ってくれたしるしだとおもう」
とYちゃんは言ってました。
私も、きっとそうだと思います。

きょうは小雨が降ったりやんだりの肌寒い日。
でも、Yちゃんのおかげで、心の中は暖かくなりました。


☆。。。。。。    ☆。。。。。    ☆。。。。。





[PR]
Commented by sizuku-tesigoto at 2017-11-14 23:54
ヨモギさん こんばんは♪
良いお話をありがとうございます
わたしも読みながらウルウルしました
虹 すてきですね
Commented by ヨモギ at 2017-11-15 23:42 x
しずくさん♪、ありがとうございます。
私も、もらい泣きしながら聞きました。

虹は、ほんとにすてきですね。
虹を見ると 子供のような心にかえれる。。という詩が
あったような気がします。
by hamakorian | 2017-11-14 20:43 | my days | Comments(2)