青いアガパンサスの群生

 午前10時、知人のお母様の告別式に参列、お焼香をさせていただき、お見送りはせずに会社へ向かった。
休日だが2時間ほど仕事した。 正午前、退社。

 空は晴れ、風は心地よい冷たさだが日差しは真夏の色だ。

 隣町の農協売店と、その近くのアジアンレストランに行くことにした。 
 自転車で坂道を登っていくと、桜並木の濃い影が道に黒いレース模様を作っていた。 木漏れ日の道は風が涼しく、だんだん精気がよみがえるのを感じる。。。

 これが、わたしの一番好きな過ごし方だ。。。。。

アキアカネが飛んでいた。

 登りきって住宅街を通り越すと、黄花コスモスが咲く道になった。 
 川には、もうカモの姿が見えない。 子育てが終わり、きっと海辺へもどったのだろう。

 アジアンレストランに入って、ナシゴレンやホットコーヒーを頼んでお昼ご飯.。

 次に農協の野菜売り場へ。 近くの農家のとうもろこし、インゲン、出始めのスイカ「しゃり甘」を買った。 ほしかったものばかり!!

 帰り、農家の間の初めて通る道を行った。 アガパンサスのうすむらさきの花が、畑のふちにずらっと群生していて、ほんとにきれいだった。 モンシロチョウが飛んでいた。

 ムクゲの花が咲いていた。 今月が、母の祥月命日だと気づいた。 母のいとこのイクエ叔母が、「ムクゲの花が咲くとお母様を思い出します」とお手紙、くれたっけ。。。。そのイクエ叔母様も、同じ7月が命日になったのだ。

 通りかかった美容室がすいていたので、パーマをかけた。  
 午後4時、帰宅。 


 とうもろこしは、さっき夕食代わりにいただいた。 身が小粒であまく、いい香りがした。




    *     *     *





  
 
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hamakorian | 2012-07-04 20:21 | Comments(0)

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る