海へ還ろう hamakorian.exblog.jp

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧

ウインドサーフィンを眺めて、お茶♪

 お互いに多忙で、最近はめったに会えないYちゃんと、海辺のカフェでお茶してきました。

 Yちゃんと私の共通の知人Fさんのお宅に書類を届けたいけれど、おうちの場所がわからない (方向音痴なので)ので、Yちゃんに電話で行きかたを聞いたら。。。「午後は時間があるから、つれていってあげる」というありがたいお言葉!!

 PTAの会長を引き受けてしまったYちゃんはますます多忙なのに。。。
 Yちゃんの優しさに乾杯(^0^)/




 午後からは小雨、という予報がはずれて雲間から日光が射してきました。
Yちゃんは愛犬ころちゃんを助手席にのせて、車でわたしの職場まで迎えに来てくれました。

 まず、田舎道のまがりくねったところを通り、Fさん宅へ。 YちゃんとFさん宅へいくのは2度目なのに、道をおぼえられないワケ、わかりました。 お互い、話に夢中になり、私は助手席で、全然そとの景色を見てないからでした!!
 F宅について、「あら、もう?」と正気にかえったというわけです(*^^*)。
 多忙なFさんもお留守だったので、予定通り、郵便受けに書類をいれて所用は終了。

そのあと、「〇〇ナッツ」という小さいけどオシャレなカフェレストランへ。

 Yちゃんはロコモコランチ、わたしはアンチョビー入りのパスタ。 
 ころちゃんは窓下でのんびり海を眺めています。

 小皿をもらい、お料理をわけっこして食べました。 
 友人とお出かけする時間がだんだんなくなってきた悩み。。。Yちゃんに言うと、「それだけお仕事が発展したってことだから、いいことだと思う!」と励まされました。

 わたしの気持ちをわかったうえで、元気付けてくれるYちゃんに心で感謝!!

Yちゃんも最近の腹立たしいことを、わたしに思い切り話してくれました。 お互いにガハハハと笑ってストレス解消しました! 友人て、なんてありがたいんでしょう(TT)!!


 カフェのガラス窓から見る海は、晴れた空の色を写して、青く澄んでいました。
カラフルなウインドサーフィンの羽が、波のうねりに乗ってスイスイと走っているのが見えました。 
 
Yちゃんのふるさとは、海がありますが海水浴はしたことが無く、近くの大きな湖で泳ぐのだそうです。

 「水深2メートルくらいのところまで、透明でずーっと見えるの!」となつかしそうに言っていました。
 わたしはYちゃんのふるさとの県まで昨年旅しました。 きょうのBSテレビで「野辺地」の町が映っていたと私が言ったら、Yちゃんはほんとに懐かしがっていました。
    
ひさしぶりに楽しい時間を過ごしました(^0^)/



      *     *     *
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hamakorian | 2012-07-07 20:46 | my days | Comments(0)