☆胃の内視鏡検査。。久しぶりに。

 毎年、受けている胃の内視鏡検査。 検査と言っても、どこか悪いからではなく、
 健診というレベルなので、「安心保険」のようなもの。
 去年は、忙しさなどに紛れて受けませんでしたが、ふと思い立って、
 今月に検査を受けてみることに。

 きょうはその当日でした。 予約した時間より少し前に、病院に到着。

 今回は、初めての「麻酔で眠っているうちに検査」という、ありがたいバージョン。 
 以下は、その状況報告です♪ お暇と興味のある方だけ、どうぞ!(^^)





 8時45分に検査の窓口へ。
 7、8人の方が、もうソファーに並んで座ってらしたので、「予約時間が重なっている人が
 こんなにいるなら、待たされるだろうな。。」と覚悟を決めました。

 ところが、9時少し前になったら次々と名前を呼ばれて、いろんな小部屋に
 分散して、案内されました。 
 私も、2番目に呼ばれて検査準備室のソファーへ。

 そこで、「胃の中をきれいに見れるようにする」という、半透明でフルーツのような味のする
 液を、おちょこ一杯分、口に含みました。
 この液は、飲み込まずに口の中にしばらく含んでおきます。

 その後、カーテンで囲まれた診察台へ移動。 そこで麻酔をかける準備をしました。 
 今回からは、「麻酔で眠ってうちに検査」という手段が
 選択できるようになりました。 ありがたい。。(^0^)
 片手に心電図計や血中酸素濃度計をつけ、もう一方の手首に点滴針を指しました。

 5分ほどしましたら、「これから、眠くなるお薬を点滴に入れますね」と言われました。
 私は、麻酔が効きやすい体質。 「どのあたりで、眠くなるのかな?」と思いながら、
 器械から出る「ツー、ツー」というリズム正しい音に耳を傾けました。
 いつまでも、聞こえてます。 「この麻酔、完全に眠れるのではないのネ」と思いました。

 。。。ふと気が付くと、看護婦さんが声をかけてきました。
 「〇〇さーん。 お目覚めですかー」

 あらまー@0@。 いつのまにか、内視鏡検査は終わってました(*^^*)
 しっかり、眠っちゃったのですね!
 
 まだぼーっとしてましたが、看護婦さんがやさしく検査台から車椅子へ
 移動させてくださいました。
 そのまま、外の検査準備室へ連れていかれ、そこのベッドでしばらく麻酔が冷め切るのを
 待ちました。
  (これがとても楽で、静かで、暖かく、いつまでも寝ていたい気分。。。♪)

 10分ほどで、看護婦さんが、そろそろ起きますか、と言ってこられました。
 私は、麻酔から醒めるのがほかのかたより、すごく遅いそうです。

 その後、ゆっくり歩いてエレベーターまで行き、上階の食堂で朝とお昼の兼用のお食事を
 しました。 昨晩9時から飲まず食わず、おなかがペコペコです~。
 頭をすっきりさせようと、ホットコーヒーをまず飲み、
 つぎにチキンのトマトソース焼きランチを。

 おいしー!!と感激しながら、「内視鏡後の注意事項」をバッグから取り出し、 
 よく読みましたら。。。

 「本日は、刺激物は食べないようにし、もし 帰宅後、痛みや変わったことが起きたら
 病院までご連絡ください」 ですと@0@! 
 コーヒーは、刺激物ですよね! もう、飲んじゃったヨ~!!

 あとの祭りでしたが。。。さいわい、帰宅後、なんともありません(^0^)
 
 いまは午後6時をまわり、これから「おなかにやさしそうな」バンゴハンをいただきます。
 家事をちょっと済ませてから、早めに、休もうと思います。
 (でも有隣堂で買ったアメリカ作家のサスペンス、少しだけ、読もうかな^^)

 肝心の検査は、寝ていてわからなくて、ちっとも報告になりませんでした~(*^^*)
 ここまで、読んでいただき、相済みません~!

 検査の結果は、来週、病院へ行って、聞いてきます。
 


    ☆。。。。     ☆。。。。。     ☆。。。。。





 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by hamakorian | 2017-06-13 18:30 | 病気と知恵 | Comments(0)

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る