海へ還ろう hamakorian.exblog.jp

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:映画( 13 )







         8月8日に、東京の映画館<角川シネマ有楽町>で一度見た『ウィンド・リバー』を


         再度、今度は横浜に、見に行ってきました(o^―^o)


         とても印象に残るすばらしい映画だったので、DVDになる前にもう一度、


         映画館の大画面で見たかったのです。


         朝9時過ぎに家を出て、10時50分からの初回を見ました。  



d0271257_19564314.jpg




          平日の午前ということもあり、来ていた方々は皆さん私と同じくらいの年配者ばかり。


          地味な映画ですが、評判が良いそうで、きょうもかなりの人が来ていました。



          
          映画館の近くを流れる大岡川。  春は桜の名所になります🌸


                
d0271257_19574775.jpg




           大きな川のない町に住んでいる私は、川や橋のある風景がめずらしくて。(^^♪



d0271257_19580247.jpg





        川のほとりには、明治のころの灯篭のレプリカがたっていました♪



d0271257_19582103.jpg




           『ウインド・リバー』は、アメリカ北部のインディアン居留地で


            実際に起きた事件をもとにしたミステリー映画です。
     

           かつては「インディアン」と呼ばれていた先住民の人々が置かれている
  

           劣悪な環境が、事件の背景にあるということが理解できました。


           舞台となっている広大な地域の大自然の美しさには心を打たれました。  

    
           主演のジェレミー・レナーのファンでもあるので、


           彼の演技を見るのも楽しみでした。 



           FBI捜査官を演じたエリザベス・オルセンも、良かったです。



           
           ただ少し気になったのは、今日の映画館の画面の明るさが、前回東京でみた時より


           やや暗めで。。 人物の顔色が濃くて、レナーの空色の瞳が淡いグレーに見える。。

    
           白い雪景色のかがやきが、控えめに見える。。 私の目の調子だったかな?


           画面の明るさは、映画を楽しむうえで大切だと感じました。




           8日に行った<角川シネマ有楽町>は、どの席も指定席になっていて、

 
           前方のどの席にしようか迷う私に、チケット売り場の人が


          「前のかたの頭が見える位置でも、字幕が隠れてしまう心配はありませんので

     
           どのお席でも大丈夫ですよ。」とアドバイスしてくれました。


           ちょっとした心遣いですが嬉しかったです。 館内もとてもきれいでした。


           有楽町は、家から2時間弱かかりますが、また行こうと思います(^▽^)/





      ☆。。。。。    ☆。。。。。    ☆。。。。。







           


           

[PR]
by hamakorian | 2018-08-28 20:47 | 映画 | Comments(6)


    

    暑いですね!  きょうは仕事休みの日ですが、


    朝からぼーっとして、家事がはかどりません。 愛猫もダラーと寝てばかり(=^・^=)


    なにかチクチクしたい。。と思うのに、気力がわかなくて(;'∀')。 


     
    こんな暑さが続くのは、明治時代に気象予報が始まって以来、初めてだとかι(´Д`υ)アツィー




    先日1か月ぶりに出勤してから きのうまで3回の出勤をすることができました(⌒∇⌒)



    どの日も短時間で帰宅。  



    家にばかりいて、気持ちがヨドンでいたので(*^^*)、



    火曜日に思い切って映画を見に行きました。 



    『ジュラシック・パーク』の新作。  公開2日目でした(^^♪



    時間の都合で字幕版をみましたが、これが正解でした(わかりやすい字幕で^^)



    ホンモノのようにリアルな恐竜が暴れまくる、エキサイティングなストーリーでした!



    音響がすごくて、劇場の左右の壁からも音が来るし、座席は時々地震のように揺れる、で



    迫力満点!!   


    (でも、席が揺れたのはとなりの方が、恐竜が吠えるたびにおびえてバタバタしていたからかも^^)



    『ジュラシック・パーク』は20年ほど前に初回が発表されてから、今回で5作目ですよね。



     私は当時中学生だった息子と初回を見に行って震え上がって以来、



     ホントにひさしぶりに「すごく怖かった」です(*^^*)。


     なかなかの力作でしたので、DVDになったらもう一度、見てみたいと思います♬



     暑さと関係があるかどうかわかりませんが、電波のぐあいが良くなく?


     可愛い蝶々のようなハイビスカスの写真がアップができなくて。。(TT)


     パソコンの動きが、とても遅くなっています。



       今夜は、十割そばを「ざる」でいただく予定。 冷たいのを、ツルっと。。。(o^―^o)ニコ





     ☆彡。。。。   ☆彡。。。。    ☆彡。。。。




     


    


     


    


    

[PR]
by hamakorian | 2018-07-19 17:48 | 映画 | Comments(2)


イギリス湖水地方に住む^^ウサギ一家のおはなし『ピーターラビット』が映画化された。。と

偶然、昨日の朝の新聞で見て、きのうが初上映日でしたので

さっそく見に行って参りました。

じつはピーターラビットのお話は、むかし絵本でちょこっと見ただけ。

それがアニメになり映画になったというのでびっくり。

アニメとはいえ、人間の登場人物は実写(のはず)、ウサギたちだけが精巧な(笑)CGでした。

このCGのすごさにびっくり、ウサギの表す感情(?)が

顔の表情にすごく微妙に、しっかりと表現されているんです。

アニメはそれほど好きでない私ですが、

この表情の豊かさと変化に 目が釘付けになりました。

CG技術の進み方のすごさをじっくり鑑賞できました。

イギリス湖水地方の景色も大画面で見たい。。

と思って行きましたが

最後のエンドロールをしげしげと見ていたら

ロケ地はオーストラリアでした!@0@


(そいうえば、『ハリポタ」のロケ地もニュージーランド、と聞いたことがあります。)


楽しく見てまいりました(o^―^o)ニコ










今夜から関東地方は気温がぐーーっと下がるという予報です。

羽掛布団、まだ出しておいてよかった。。

こうしてブログを書いている間にも、カーディガンをはおりました。

今夜は、すこし暖かくして寝たほうがよさそうです。



☆彡。。。(^▽^)/    ☆彡。。。(^▽^)/    ☆彡。。。(^▽^)/






[PR]
by hamakorian | 2018-05-19 22:05 | 映画 | Comments(4)
     雨降りの毎日ですが、ベランダではお花が元気に咲いてます(^^♪

     
     癒されます~♬


d0271257_09411859.jpg





d0271257_09421361.jpg




    お仕事繁忙。。。! きょうもガンバリます(^0^)/


    風邪に気を付けましょう♬


     午前中、多忙で出勤しましたが、短時間で済み、帰宅。
     気温は正午過ぎなのに16度くらい、東京もそのくらいで
     きょうは札幌と同じ気温だったそうです@0@

     午後、前から見たかった映画『ドリーム』を見に行きました。
     ストーリーも素晴らしかったけれど、BGMがイケてました(^^♪
     内容は、インターネットで見ることができます。
     映画っていいな、行って良かった、と思えるステキなお話でした。

     この秋、初めてダウンジャケットを着こんで行きました~さぶ~!



    ☆。。。。/    ☆。。。。/    ☆。。。。/
[PR]
by hamakorian | 2017-10-15 10:28 | 映画 | Comments(0)
  
 『22年目の告白 -私が殺人犯です-』を見に行ってきました。♪ 
 新聞の映画評で高く評価されていたので、興味がわいたのです^^。

 私は、日本映画は宮崎駿さんのアニメ以外はほとんど見ないほうです。
 見たいと思う作品が、あまりなかったからかも。。

More 続きます。よろしかったら。。。
[PR]
by hamakorian | 2017-06-18 10:39 | 映画 | Comments(0)

   「ヒューマントラストシネマ有楽町」で上映されている
   『午後8時の訪問者』を見に行ってきました(^^♪

   地味ですが、評判の良い映画で、ぜひ見たいと思っていて、
   やっと時間がとれました^^。

   見終えて、同じビルの中にあるカフェでお昼とコーヒーを。。
   カップの隣のパンフレットがその映画のものです^^。

 (More にしたとき、最初の写真が消えてしまいました。二枚目のがあります)

More 続きます♪
[PR]
by hamakorian | 2017-04-22 16:54 | 映画 | Comments(0)
 きのう28日が公開初日だった 『インフェルノ』 昨日午前中に見てきました。

 じつはこのシリーズの第一作である 『ダ・ヴィンチ・コード』 が、私にはそれほど面白い作品とは
感じられなかったので、第三作目であるこの作品も、おとといまではみるつもりナシでした。

でも、新聞の映画紹介欄で、とっても高評価なので、急に、見に行こうという気に(^0^)。

結果は、おススメです!!♪

ストーリーの展開が速く、それでもわかりやすく、もう最初からドキドキ、ハラハラ、画面にくぎ付け。。。!!
登場人物の裏表に意外性があって、最後まで気を許せませんでした。

最後のちょっとロマンチックなシーン、しみじみと胸をうたれました。

フィレンツェ、イスタンブール、など観光地の歴史的建物が舞台になっており、その映像も本当にすばらしかった。 
ふつうは公開されていないらしい場所も、映っていまして、美術に興味のおありの方にもおススメです!

 映画館をでると、本降りの雨になっていました。



きょうは、お日様が照り始めました。  これから、仕事に行ってまいります(^0^)/



     ☆。。。。。。     ☆。。。。。。     ☆。。。。。。
[PR]
by hamakorian | 2016-10-29 10:17 | 映画 | Comments(0)
 午前中の勤務を終え、電車に乗って、大きなビルのなかにある映画館へ

 『シン・ゴジラ』 を見に行ってきました。

 予告編などを見ずに行きましたので、コレが日本映画だと気づいたのは、始まりの画面いっぱいに

あのなつかしい 「○○映画会社」 という漢字が出た時点でした(汗、*^^*)
  
 「えっ、洋画じゃなかったの@0@」  イヤ オハズカシイ。。。。  

 ここ数年、アメリカ産のゴジラ映画を見てきた目には、「!」 な画面。

 座席は、ウィークデイにもかかわらず、混んでいました。  子供さんは少なく、中年の男性が多かったのも

めずらしい現象?と感じました。

 見た感想を言いますと、 「これは、ムカシとかわらない日本映画」

                 「昭和の香りがいっぱい・・・・」

                 「 『政治的ゴジラ映画』 というべきか。。」

 でした。   最近のアメリカ産のスペクタクル映画と比べ、画面がきれいでないのがとても気になりました。

 これは映画館のスクリーンの質にもあるとは思いますが、とにかく、出演者の顔色がきれいでない、

 どの男性も顔のシミが茶色できたない(メークで隠してほしい!!」、 景色が工事現場みたい、

 海の画面が出てくるが、もう少し、構成とか色彩に気を配れないものか。

 季節がいつだかわからない。  ゴジラから逃げる群衆の服装が、よく見るとだいぶムカシのファッションみたい。。。。

 などなど、そして、肝心のストーリーですが、

 「事が起きたとき、日本では何かを決定して実行するまでに、このように時間がかかるものなのか」 が良くわかるような場面が多かった。

 政治家の対応、思惑、責任のなすりあい、危機対応意識の薄さ、などなど。。。

 この映画を製作した方々は、ここを強調したかったのでしょうネ。

 ゴジラのあばれぶりよりも、人間の葛藤を重点的に描いた内容だったと思います。

 とても真面目な映画でしたが、「暑気払い」 のつもりで見に行った不見識(笑)なワタクシには、

重すぎるストリーでした。  
 
 途中、映画館ではじめての経験ですが、眠気をもよおし困りました。

それでも、作る側の熱意がヒシヒシと伝わる、良い映画だったと思います^^。



 帰りはドトールでコーヒーゼリーをいただきました♪

 ビルの中の専門店で孫にコットンのパーカーと半ズボン、主人にソックスを買って、外の熱気にびっくりしながら帰宅しました(^0^)/

       ☆。。。。。。          ☆。。。。。。         ☆。。。。。。










 

 

 

 
[PR]
by hamakorian | 2016-08-04 06:46 | 映画 | Comments(0)
 気温32度を越えた横浜市内のTOHO映画館で 『アリス イン ワンダーランド 時間の旅 』 を見てきました。  
 期待どおりに、すばらしい映像美を楽しみました!

 前作から6年ぶりとか。  あれから、もうそんなにたったのネ。 
 この6年間、いろんなことがあったなぁ。。。と思いました。  演じる側も、見に行く側も、この6年間はそれぞれの『旅』をしましたよね。   大きな天災もあったし、世の中の変化も大きかったですよね。
 
 前回、わたしはアリス役のミア・ワシコウスカがあまり好きでなかったのですが (顔色悪く、貧血気味にみえて、アリスのイメージに合わないと感じたので)、今回は、その演技力と生き生きした外見に、ほっとして、見直しました!  なんでも、いろいろな映画祭で賞をとるほどの実力女優さんだそうで。。。

久しぶりのジョニー・デップも良かったです^^。   チシャ猫も可愛かったなー!

ファンタジーものがお好きな方には、オススメです!!

 時間があれば、もう一度、大画面で楽しく見たいと思いました。

見終わって、駅ビルの地下でお昼をいただきました。  ざるそばと小どんぶりのセット、おいしかったです♪

 
 きのうは熱中症になりそうな暑い厚木市へ、行ってきました。 
仕事カンケイの書式を作るため、わからないところを、息子に教えてもらいました。  
 夕方帰宅、夜は町内会の集まりに出席しました。



  もはや真夏という感じの日々が始まりました。  まだ梅雨明けもずっと先だというのに。。。

 テレビでは、バングラディシュで起きたテロについてニュースが出ています。
日本人が巻き込まれるテロが増えてきました。  恐ろしいことです。 



    ☆。。。。。。      ☆。。。。。。      ☆。。。。。。


ma
[PR]
by hamakorian | 2016-07-03 23:09 | 映画 | Comments(0)

生活繁忙期^^


 仕事と普段の生活、それだけで過ごしてるのになんだか忙しく時間が足りない感じ。

どうしたんだろう。。。?? と思うのですが、つまりは行動のスピードが落ちた?ということでしょうか。
友人とも、そんな話をしました。  やはり同じように、たいしたことしてないのに、時間ばかりがたってゆく。。と感じる、と言ってました。   気のせいだといいのですが(^0^)/


    *        *        *

 愛猫みいは、一日おきの輸液のおかげで体調も安定していて、それなりに元気に過ごしています。
でもすっかり甘えん坊になってしまって、朝は、食事の支度やお花の水遣り、洗濯などにバタバタと家の中を歩き回る私のあとをついて周り、にゃーにゃーと何かを話しかけてきます。

 「ちょっと待ってネー」 と言いながらどんどん歩く私に、「にゃーーーーん」と不満そうなみい。
お食事中も、足元でにゃーにゃーと鳴き、「いまゴハンちゅう!」 と言ってもだめで、ついにはカカトに噛み付いてきます。
 しかたなく、私がお食事途中で椅子からおり、じゅうたんに座ると、みいは落ち着きます。

 そばに座って、背中やしっぽをなでなでしてやると、すぐ満ち足りた気分になるらしいです。 
ただそれだけで、ほかには特になにをして。。。ということは無いのに、にゃんこも年取ったなぁ。。と思います。
 夜も、私が起きていればいつまでもリビングのソファーの上で丸くなって寝ています。  私が床につくと、すぐやってきてベッドの上に飛び乗り、好きな場所で寝始めます。
 このごろは、みいがそばに寝ているのにすっかり慣れてしまい、寝返りを打ってみいをベッドから落としてしまう、なんてことは無くなりました。 

 考えてみれば、みいは昼間私が仕事で家をあとにすると、ずっとひとりぼっちです。 
ニンゲンのようにテレビをみたり読書や新聞を読むことも、パソコンでなにかを見ることもなく、単調そのものの毎日。
 やっと帰ってきた生き物(私^^)に、へばりついて遊んでもらおうとするのは、当然かもしれませんネ。

 きょうは、夕方帰宅して、しばらくみいと遅いお昼ねをしながら、そんなことを考えました。 もっとみいの気持ちを考えてあげねば。


     *        *       *

 先週からしばらく更新する時間がありませんでしたが、その間、今までより出勤日がふえて忙しかっただけでなく、映画を見に行ったり、友人と出かけたりして、家をあけることが多かったです。
 映画は、ジュリア・ロバーツとジョージ・クルーニー主演の 「マネー・モンスター」を公開初日に見に行きました。 監督さんは、あのジョディ・フォスターです。
 期待して見に行きましたが、感想としては 「いったいなんなの、この映画?」 というちょっと腹立たしい内容でした。  
  この先は、いわゆる「ネタバレ」になります、ご注意ください。 (読まないという選択もしてください)

















 テレビの投資情報番組におどらされ?た消費者が、銃を持って、オンエア中の番組内部に押し入り、カリスマキャスターを脅し。。。というすごくハラハラする内容。 キャスターは時限爆弾つきのチョッキを着せられました。
 途中、銃をもった犯人と爆弾チョッキを着せられたキャスターが、「ストックホルム症候群」らしき状態になったり、見ているほうが反発や共感を感じているうちに、あっけない終わりを迎えるのです。。。
 最後のシーンで、ロバーツとクルーニーがお互いをたたえつつ? 昔のヨリをもどします。  この場面で、アッパークラスの驕りを感じてしまいましたね。  
 結局バカをみたのは番組情報におどらされて全財産を失い、恋人(おなかに彼の子がいる)に去られ、最後は取り囲んだ警官に撃たれて息たえる。。。という犯人の若者。 恋人と、これから生まれる赤ちゃんはどうなってしまうのかしら?   損をして終わるのは、教育もなく知識もなく、情報操作に踊らされる庶民だけ? 

 なんだかとっても割り切れない思いを感じてしまった、映画でした。


 
  ☆。。。。。。       ☆。。。。。。      ☆。。。。。。




 
 
   
[PR]
by hamakorian | 2016-06-15 23:57 | 映画 | Comments(0)