海へ還ろう hamakorian.exblog.jp

海辺の町から、日々のキオクをつたえます


by ヨモギ
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:読書( 10 )




青空がきれい、空気も澄んでいておいしい!


工事の音も静か。。。みいたんもぐっすりお昼寝なので


図書館へ急ぎました(o^―^o)ニコ



d0271257_18375950.jpg



返すのは4冊。。

『名作バレエ50 鑑賞入門』は、


みゅうママさんが紹介されていた『パリ・オペラ座へようこそ』のかわりに


見つけて、借りた一冊です。


 なつかしいモーリス・ベジャールの作品も取り上げてありました(^^♪



d0271257_18381050.jpg





    ↓ 『深夜プラス 1』は知る人ぞ知る冒険小説の古典ともいえる作品。

       
      男性的なタッチで、死と隣り合わせのストーリーが進んでいきます。


       これはその新訳版です。


      20代のころ、この本を私に貸して下さった職場の先輩Kさんは、もう鬼籍に入られました。


      新訳を、お見せしたかったな。。。💐



        
d0271257_18382243.jpg




         帰りは大急ぎで帰宅、みいと遊びました。


         夜は、ベランダから見えるお月様がきれい。。。☽


         海の匂いのしない、からりとした風の吹く 気持ちの良い一日でした。




        🌸。。。。。   🌸。。。。。   🌸。。。。。





   

[PR]
by hamakorian | 2018-11-16 19:03 | 読書 | Comments(2)






きょうも晴天で暖かな日です(⌒∇⌒)🌞



愛猫も、工事の音が大きくないのでゆったり眠っています(=^・^=)








トコロデ。。。。




ひところ、関東やその周辺地域で「もし富士山が噴火したら」という話が



テレビなどのメディアで取り上げられることがよくありました。



最近は、南海トラフ地震のほうが話題にのぼり、



富士山噴火の件は沙汰やみになっているみたい。





せんだって読んだ『天災から日本史を読みなおす』のなかに



江戸時代1707年に起きた富士山噴火のことが詳しく出ていました。



千葉県や三重県、遠くは東北の秋田県にまで降灰があったそうです。




筆者の磯田道史さんは、その時代の資料を詳しく紹介しながら



~ 火山灰はガラス質。 富士山が噴火したら、


東京では目を守るゴーグルが飛ぶように売れることを予言しておく ~と



記されてます。




降り続く火山灰から目を守るには、すき間のない


ゴーグルでないと、ダメなのですね。



磯田氏の予言は信ぴょう性がある!と感じて



通販でさっそくゴーグルを二個購入しました。


もともと水泳用のゴーグルですが、外気にも使えます。







d0271257_11014521.jpg




      2個買ったのは夫とワタシ用です(*^^*)


        



      こちらが、その本の記述部分。  ↓


   




d0271257_11011497.jpg




       降灰は、2週間ぐらい続いたようです。  



       江戸時代の庶民の知的水準は高く、武士から一般人までが書いた



       火山灰被害についての書き物が、各地に残っているそうです。



       農作物から、健康まで、被害は甚大であったとか。




       心配しすぎと笑われそうですが、、気にしていたほうが良いかなと感じました。






   🌋。。。。。     🌋。。。。。     🌋。。。。。







[PR]
by hamakorian | 2018-10-25 12:01 | 読書 | Comments(4)




朝から曇って、正午の気温が18度くらい。


秋深し。。。です。



きょうは工事の音も静か、みいもゆったり朝寝していて、短時間なら外出できそう(⌒∇⌒)



気になっていたヘアカットに行ってきました。



肌寒く小雨が降りそうなせいか、美容室はすいていて、すぐカットしていただけました(^^♪



帰りは、本屋さんで、このまえしずくさんが紹介しておられた


人気の文庫本を買いました\(^o^)/



『ビブリア古書店の事件手帖』

~ 扉子と不思議な客人たち ~



d0271257_17224658.jpg



       


         大人気で、シリーズ第七作目だそうですが 読むのは初めてです^^。


         自分で選ぶと、なんとなく同じような傾向のを買ってしまうから


         たまには、ほかの方の好きな本を読んでみたいな。。。。と思って(*´∀`*)


         古書店の事件て、どんなものか、楽しみです\(^o^)/




         きょうはリビングのホットカーペットをつけました。


         お部屋がホンワリと温かくなり、なんとなくシアワセ~(*´∀`*)




         🌞。。。。      🌞。。。。     🌞。。。。










         

[PR]
by hamakorian | 2018-10-13 18:00 | 読書




月曜日ですが、祝日なので工事はお休み、という吉日!\(^o^)/


それに気づいたけさ、みいの体調安心なので、大急ぎで隣の市の図書館へ



予約した本を引き取りに行ってきました。




d0271257_16512338.jpg





 
      アガサ・クリスティのサスペンスの舞台になった土地を


      昭和女子大学教授でエッセイストの平井杏子さんが訪ねた旅です。



      貸出手続きを済ませて、ページを開いてみると、



      想像とは少し違い、写真などは小さく、紙面のほとんどは文章で埋まっていました。


      そのかわり、筆者が自らしっかり旅しながら、


      アガサの描いた土地や建物を、物語のタイトルと突き合わせて、


      詳しく説明してくれているようです。  じっくり読むによさそう...(^^♪





       お隣に並べた 『天災から日本史を読みなおす』 は、


       数百年前の日本を襲った大地震、津波、火山噴火などの天災が、歴史の転換点になった、


       という逸話がとても興味深く書かれています。(と、ブックレビューに載ってました♪)



       学術的な研究報告でなく、エッセーとして書かれているためか、読みやすそうです^^。


       この本は帰りに駅ビルで買いました(^0^)





        ↓ せんだって、次男のところへ行ったときに途中で買ったカードと


          サボテンのイラストの可愛いミニ便箋など(o^―^o)ニコ 
       

          友人にちょっとした連絡をするときに、ピッタリ🌸


      

d0271257_16520019.jpg





       一時間半ぐらいで飛んでかえると、みいたんはのんびり寝ていました。


       工事はほんとにお休みで、静かなお昼。🌞


       トイレもちゃんと行けて、安心でした。




      ☆。。(=^・^=)    ☆。。(=^・^=)   ☆。。(=^・^=)


 

      

[PR]
by hamakorian | 2018-10-08 17:37 | 読書





雨降りの午後、図書館で借りた本を読みました(^^♪



シルバー川柳、面白かったです。 身につまされたりして('◇')ゞ




d0271257_10154360.jpg








      *    *    *





         職場の駐輪場におきっぱしていた自転車を引き取りに、きのうは徒歩で職場へ。



         テクテク歩き始めると、 どこからともなく金木犀の香りがして。。。



           見つけました!  

 
 

d0271257_10160258.jpg




町中、金木犀の香りでいっぱいでした\(^o^)/




霧雨に濡れる酔芙蓉も、きれいだったナー♬





d0271257_10161663.jpg







  

     きょうは朝からお日様がキラキラです。


     外で工事の音がドドド。。。と響いてます。 


(ワタシの住んでいるマンションが、長期の外壁工事にはいっております)



     愛猫みいが怖がるかなと思って「みいたん、お母さんがいるから、ダイジョウブ!」とナデナデ。



     でも。。。みいったら。 起き上がってベランダへ出て、音の主を確かめてました。



     オジサンが電気ドリル?で壁に穴をあけてる姿を確認、「許す」という顔をして



     また寝にはいりました。  



     長生きするワケですね(笑)   安心しました。。。(o^―^o)ニコ





     午後は、知人の車でオベンキョウのミーティングに出かける予定。。♪





  ☆。。。。。    ☆。。。。。    ☆。。。。。








[PR]
by hamakorian | 2018-09-28 10:40 | 読書 | Comments(6)


    朝から曇り空、気温も正午で27度くらい、古いエアコンも何とか動いてくれました。


    暑くて食欲が落ちていた愛猫、きょうは朝早くから食欲旺盛で、早朝おなかいっぱい食べて、


    ゆっくり眠っていてくれたので安心しました(^^♪




   先日買った、『未来の年表 2』を少しずつ読んでいます。


    人口減少高齢社会が、個人の身近な生活にどんな影響があるかを


    統計をもとに、るる述べてある本ですが、


    正直、ドキッとする内容。。(;´Д`)


    ある例ですが。。会議中に、親御さんから携帯に電話が入ったので、「なにかあったのか?!」と

    会議の席をはずさせてもらい、電話にでたら。。。

    「。。ビンの蓋がどうしてもあかないのよ!」という母親の涙声がきこえてきた。。という実話。

    似たようなお話、わたしの身近な方々から聞くことがあります。


    親が年取ると、簡単なことでも徐々にできなくなってきて

    そのつど呼びつけられたり、電話で相談してくる、それも、突然。。!!

    これ、経験のある方、少なくないと思います。

    お恥ずかしいことですが、私もパソコンや電気関係で徐々にわからないことが増えてきて、

    「この時間、もう家にいるかな?」と、仕事中でないことを祈りつつ、

    子供に質問メールを送ったりすることがあります。


    このような例以外にも、たとえば高齢者の事故は家庭内での転倒とか溺死(浴室)、の数のほうが


    外での交通事故の何十倍である、と述べられてます。


    これも、私の先輩方のお怪我とか事故とかをよく聞く立場では、納得がいきます。


    そういう私も不注意で家の中で足指の骨折をしてしまったくらいですから。。(;''∀'')



    地味で、ある意味あまり楽しくない内容(⌒∇⌒)の本なのですが、


    今から何を心がけておけば良いか、たくさん提案されていて、


    覚悟も決まり(笑)、とっても役立つ本だと思います(o^―^o)ニコ




      ここまで読んでくださり、ありがとうございました💕



      さてー、あしたは きょう終わらなかった書類の整理や破棄にがんばります~\(^o^)/



     ☆彡。。。。。    ☆彡。。。。。    ☆彡。。。。。


    


    

[PR]
by hamakorian | 2018-07-07 18:46 | 読書 | Comments(6)



図書館へ、本の返却と、予約本の引き取りに♪

昨日からの雨が上がり、暑い日差しが。。

日傘をさして行きました。


猫の物語の好きなかたなら、目にしたことがおありかも。。

エリン・ハンター作のベストセラーです☆



大人気猫ブログ、「にゃルニア日記」のよっしーさんから教えていただいた本。


表紙の猫さんの絵、ステキでしょう。。!!





d0271257_20261513.jpg


 ラストが、悲しくて。。。

 きょうは、返却でした。






予約して引き取ってきたのは、にゃルニア国。。じゃなかった『ナルニア国物語』(o^―^o)ニコ


電車の中で、少し読み進めましたが、映画で見た場面がよみがえり、


楽しくて、引き込まれて。。乗り越ししそうに(⌒∇⌒)!



d0271257_20214407.jpg



子供向け。。とあなどれません。


雪や森の場面が目に浮かんでくる楽しさ(^^♪ 


肩の力がほぐれて...子供の心にかえって、優しい時間を過ごせそうですヽ(^o^)丿




あしたは、友人とボランティア・デーのお食事会に出かけます♪


お天気、暑くなりそうです。🌞



   ☆。。。(=^・^=)   ☆。。。(=^・^=)   ☆。。。(=^・^=)





[PR]
by hamakorian | 2018-06-07 20:53 | 読書 | Comments(13)
  きょうも寒い寒い雨降り。
 
  買い物のかえり、ふと寄った書店で、4年ぶりに増刷になった『知の最先端』という本を

  見つけました。 (PHP新書、大野和基著)。

  科学者や有名大学教授など、「知的活動の最先端」にいると著者が考える人々に

  直接インタビューをした記事をまとめて本にしたものです。

  そのなかに、4年ほど前に作家のカズオ・イシグロ氏にインタビューした記事が

  出ていましたので、イシグロさんがどんなひとなのか興味があって、本を買ってみました。

  夕食後の一時間ほどで、イシグロ氏へのインタビュー部分だけを読み終えました。

  5歳まで日本の長崎で暮らし、親御さんの仕事の関係で渡英、イギリスで教育を受け

  成人後にイギリス国籍になった、イシグロ氏。

  でもインタビュー記事を読んで、心のありかたはすごく日本人的だなーと感じました。

  テレビ映画にもなった『私を離さないで』は、クローン人間が主人公、ということで、
  
  わたしはてっきり、「クローン人間にされた人の悲劇」を描いた小説と思い込んでいましたが

  イシグロ氏はこの作品を通じて、人生の中の愛や死、という普遍的なテーマを

  描きたかったようです。

  小説を書く動機や経過を飾り気なく語るところが、とても率直でいいなーと感じました。

  図書館でイシグロさんの本を予約しようとしたら、

  どの本も100人以上が予約待ち。。@0@ 当分ダメダワ。

  書店では売り切れ、中古本サイトでは高額のプレミアがついていて手がでません。

  いつか、この嵐がおさまったら、

  イシグロさんのいろいろな作品を手に取って読んでみたいと思いました。

  
   *    *    *


  久しぶりに晴天に恵まれた昨日は、午前中出勤、13時に帰宅。
  
  その後、友人Yちゃんと用事で保土ヶ谷区へ出かけました。

  用事があったのですが、ほかにもYちゃんがテレビでせんだって見た、

  「町のおいしいお団子やさん」で名物の串団子やイモ羊羹などを、ついでに買いたい!

  という熱い気持ちもありました。

  お店はすぐに見つかり、大きくて柔らかい「ずんだ豆あんの団子」や
 
  ほどよい甘さの「こしあん団子」、ほのかにミルクの味もする「イモ羊羹」など、

  たくさん、買い込みました。

  お団子は、車の中でます一本ずつ食べてしまいました^^。

  おいしくて、おいしくて。。。 家でも写真、写さずにオワリました。

  Yちゃんとは、「お団子やさんに、また今年じゅうには行こう」と約束(^0^)/

  

 
    ☆...。(^^♪    ☆...。(^^♪   ☆...。(^^♪






  

  

  
  

  

  

 

  

  

  
[PR]
by hamakorian | 2017-10-19 21:21 | 読書 | Comments(0)

きょうはは晴れたり曇ったりしながら、午後になってだんだん湿度が高くなり
 今午後11時をまわって、気温26度なのに蒸し暑く。。寝苦しい夜になりそうです。

 きのう、恵比寿で友人と会った帰りに、駅ビルのアトレの中にある有隣堂書店で
 読みやすそうな本を買いました♪

 『読むだけですっきりわかる日本史』  後藤武士 著  宝島社文庫

 書店で見つけて、電車のなかで読みながら(立って^^)、帰宅しましたが
 日本史が苦手な私にも、わかりやすくてとても楽しい本です。

More 続きます、よろしかったらどうぞ
[PR]
by hamakorian | 2017-08-13 23:47 | 読書 | Comments(0)
          今朝のみい ♪


d0271257_948419.jpg


   
          
         
          寝ながら、ストレッチ~!

d0271257_9492334.jpg




         ** ~     ここから読書記録♪      ~ **


       
d0271257_9494729.jpg


          本は、読み終えると取っておかないことにしたので、
          スマホで写して記録の代わりにしておこうと思います^^。


d0271257_9504946.jpg


          小説の舞台、1960年代のストックホルムの地図。


d0271257_95186.jpg




       スウェーデンの推理小説家 マイ・シューヴァル&ペール・ヴァールー夫妻の作品で、
       刑事マルティン・ベック シリーズとして人気のあった一連の作品の中の一冊です♪
       シリーズの第一作、『 ロセアンナ 』、
       40年ぶり位に新訳が出たとのことで さっそく買って読みました。
       夏のスウェーデン。。。観光地の運河のなかから、若い女性の死体が発見された。。。!
       被害者の身元がわからないまま、迷宮入りしそうになった事件。
       やがて、遠くアメリカのある町の警官まで巻き込む複雑な事件へと発展していきます。

       マルティン・ベックシリーズに出会ったのは、いまから20年くらい前、子供たちが
       まだ小さかったころだったと思います。
       英語版から転訳された初版と違い、今回はスウェーデン語からの直接翻訳とのこと。

       本国でも再出版され、現代スウェーデンの高名な推理小説作家、ヘニング・マンケルが
       献辞を書いています。(これだけでもエッセー一編分くらいの読み応えある内容!)

       今後、かれらの作品は順々に新訳で出版されるとのこと♪
       とても楽しみです (^0^)/





       ☆。。。。。。         ☆。。。。。。       ☆。。。。。。











       
[PR]
by hamakorian | 2014-09-30 09:49 | 読書 | Comments(0)